Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

入店支度金はお店が決めた時間だけ出勤することで、分割で支払われることが一般的です。しかし、ホテヘルによってはそれ以外にも条件を定めている場合もあります。それでは、どういった条件があるのでしょうか。

代表的な条件は出勤日数でしょう。週に決められた日数、決められた時間出勤する必要があるのです。お客さんはホームページの出勤スケジュールを見てお店を選んでいますが、そこで出勤女性がスカスカになっていると、「このお店は満足に稼働していないのではないか」と考えてしまい、お客さんが離れてしまうのです。連日、多くの女性が出勤しているお店は、それだけでお客さんに対してプラスイメージに作用します。そのため、入店支度金を支払う代わりに、マメに出勤してもらおうと考えているのです。

また、近年の風俗店では多くの女性がブログやツイッターを持っています。これらを更新することは大変ですが、お店のアピールにも繋がるのです。そのため、ブログやツイッターの更新が入店支度金をもらう条件となっている場合もあります。

さらに、風俗求人の中には「入店支度金50万円支給」など、超高額を謳う場合もあります。しかし、こういった場合はとてもクリア出来ない条件となっている場合もありますから注意が必要です。