入店支度金をもらうには

入店支度金はお店が決めた時間だけ出勤することで、分割で支払われることが一般的です。しかし、ホテヘルによってはそれ以外にも条件を定めている場合もあります。それでは、どういった条件があるのでしょうか。

代表的な条件は出勤日数でしょう。週に決められた日数、決められた時間出勤する必要があるのです。お客さんはホームページの出勤スケジュールを見てお店を選んでいますが、そこで出勤女性がスカスカになっていると、「このお店は満足に稼働していないのではないか」と考えてしまい、お客さんが離れてしまうのです。連日、多くの女性が出勤しているお店は、それだけでお客さんに対してプラスイメージに作用します。そのため、入店支度金を支払う代わりに、マメに出勤してもらおうと考えているのです。

また、近年の風俗店では多くの女性がブログやツイッターを持っています。これらを更新することは大変ですが、お店のアピールにも繋がるのです。そのため、ブログやツイッターの更新が入店支度金をもらう条件となっている場合もあります。

さらに、風俗求人の中には「入店支度金50万円支給」など、超高額を謳う場合もあります。しかし、こういった場合はとてもクリア出来ない条件となっている場合もありますから注意が必要です。

入店支度金の相場

入店支度金は入店祝い金などと呼ばれることもあり、ホテヘルの求人を見ているとよく目にするものです。ホテヘルアルバイトを検討している女性にとって魅力的な制度ですが、相場はどの程度なのでしょうか。一般的なホテヘルでしたら、入店支度金の相場は3万円から10万円となっています。これだけのボーナスがあればがんばって働くことが出来るでしょう。

しかし、本入店を決めた時点で満額が支払われるわけではありません。多くのお店では分割で支払われているのです。1日に決められた出勤時間を働くことで、1万円や5000円ずつ支払われます。そのペースで出勤を続けることで、最終的に満額受け取ることが出来るのです。早い段階でまとまったお金が欲しいという理由で、入店支度金制度のあるホテヘルに応募をしようとしている女性は注意しましょう。

それでは、なぜ入店支度金は一括で支払ってもらえないのでしょうか。それは、1日で辞めてしまう女性が少なからず存在しているからなのです。ホテヘルのスタッフとしてはこれから長く働いてもらうため、入店支度金制度を設けています。しかし、せっかく入店支度金を一括で支払ってもすぐに辞められてしまっては、営業が続かないのです。

風俗求人の入店支度金とは

緊急でお金が必要になった女性にとって強い味方となるのが風俗です。そのため、風俗求人をチェックしている女性は多いことでしょう。特に勢いがあるのはホテヘルですが、ホテヘルの求人を見ていると「今なら入店支度金○万円支給」などと記載されていることがあります。この入店支度金とはどういったものなのでしょうか。

入店支度金とは本入店を決めた女性に対して支払われるボーナスのようなものです。入店支度金という名前ですが特に使用目的は決められていません。ホテヘルで仕事を始めるには、何かとお金がかかってしまうものです。ホテヘルとは女性の身体そのものが商品になりますので、しっかりと稼ぐのであれば少しでも美しくなっておきたいでしょう。

特にお客さんが見ている部分に注意しましょう。入店支度金を美容院代やネイル代、メイク道具代などに使用するのは良い使い道です。また、基本的にホテヘルは全裸でサービスを行います。そのため、スキンケアグッズや脱毛グッズにお金をかけても良いでしょう。さらに、当然のことですがラブホテルに入室する段階では服を着ています。そのため、男性ウケの良い服を用意することもおすすめです。

そのほかに忘れがちな部分として、消臭スプレーやマウスウォッシュなどのニオイケア用品です。自分がタバコを吸っているのであればタバコのニオイを消すために、これらのケア用品は欠かせません。何かとお金がかかることからホテヘルの入店支度金はありがたいものですが、誰もがもらえるわけではありません。こちらでは、もらうための条件や相場について解説いたします。